音喜多議員、2分遅刻で審議拒否する野党に怒り「形式主義もいい加減にしたらどうか!」

音喜多議員が2分遅刻で審議拒否する野党を批判「形式主義もいい加減にしたらどうか(怒)」

▼記事によると…

・音喜多駿参議院議員(37=日本維新の会)が20日、ツイッターを更新。中山泰秀防衛副大臣が2分遅刻したことで、野党が反発し、一般質疑などが取りやめになったことで、野党の姿勢を批判した。

・音喜多議員は「いくらなんでも酷すぎる(審議を拒否する野党が)。その時に出番がない副大臣が遅刻したところで、何の影響があるのか。こんなことを言ってたらオンライン化なんて進むはずもない。形式主義もいい加減にしたらどうか(怒)」とその姿勢を批判。

続けて「仮に冒頭から副大臣の出番があったとしても、2分だったら質問の時間を入れ替えるとかいくらでも対応できるでしょ。遅刻は良いことではないが、厳重注意をして審議を進めれば良いだけ」と柔軟な対応が可能であることを訴えた上で「仮に国会がオンライン化されたら、一部野党は機嫌を損ねると次々に画面から消えていくのか。シュールだな」と今後予想される国会の姿を予想しながら皮肉った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/15da20ba8c6c2ca4fd15d8026f071f83d2a99ef8

音喜多駿

音喜多 駿は、日本の政治家。日本維新の会所属の参議院議員。東京都議会議員、都民ファーストの会都議団幹事長、あたらしい党代表などを務めた。選挙運動や自身のブログ、マスメディア等ではおときた駿の表記も用いられる。 妻は江東区議会議員の三次由梨香。
生年月日: 1983年9月21日 (年齢 37歳)
出生地: 東京都 東京 王子本町
配偶者: 三次由梨香 (2015年から)
音喜多駿 – Wikipedia

ネット上のコメント

2018年1月29日 立憲民主党の予算委員会筆頭理事の逢坂誠二議員が1時間遅刻したが与党は問題にしなかった 2分は駄目なのか立憲民主党

時間が繰り上がって2分遅刻。審議拒否するような問題でしょうか?しかも答弁の予定もないのに。議事は何の問題も無く進行可能ですよね。後から厳重注意ではダメなのでしょうか。議事の進行を最優先にして、このような問題は別途注意していくというルールを作りましょうよ。そうしないといろいろな法案が野党のせいですっ飛ばされてしまいます。

流石にこれはあり得ないでしょ 2分の遅刻くらいで何か進行に大きな影響がありますか? そんな遅刻を責める暇があるなら議論すべきことがあるでしょう なぜ議論できなかったのか、合理的な理由を説明する義務が、審議拒否した側にはあると思う

遅刻はいけないと思うが 野党の中に会期中に海外旅行へ行った人が居たのを棚に上げて 国会軽視と糾弾して 審議拒否 税金を無駄遣いしている野党はいったい何様? と思う

審議拒否してもいいんだけど、した日に発生している税金は議員全員の給与から返上してほしい。 遅刻はいいことではないけど、2分で審議拒否しても高額な給与もらえるんだからいいご身分だな。

正論!政治家に最も欠けているのが、コスト意識。自分たちの給料と実働と評価を時給換算したら一体いくらになると思ってるのか?たった2分遅刻のためにまた別日に集まることに対するコストを少しは考えろ!

全くその通り。この間の三原じゅん子の時もそうだが、民主党の議員は仕事がしたくないのではないか。

出典 https://sn-jp.com/