岡部俊哉・元陸上幕僚長「川上慶子さんを救出するときに毛布を掛けると、マスコミが撮影のためにその毛布をはぎ取った」 日航ジャンボ機墜落事故現場

岡部俊哉・元陸上幕僚長「川上慶子さんを救出するときに毛布を掛けると、マスコミが撮影のためにその毛布をはぎ取った」 日航ジャンボ機墜落事故現場 【特別手記】「御巣鷹山」48時間の地獄絵図 日航機墜落の”地獄絵図”回顧 ▼記事によると… ・1981年に防衛大を卒業し陸上自衛官になった私は、事故のちょうど1年前に、千葉県の習志野駐屯地に所在する第1空挺団に配属されました。普通科群普通科中隊(当時)の小隊長として30名ほどの部下を率いる立場で、階級は2等陸尉。まだ独身で26歳でした。 (略) ・ヘリを待ちながら、現場ではホイスト(ヘリからのワイヤによる吊り上げ)準備をしていました。赤十字の医師から、「隊員が直接抱えて上げたほうがいい」と言われて、自衛隊の茶色い毛布で生存者の体を包みました。最初に吊り上げたのは、吉崎美紀子さん(当時8歳)です。毛布に包んだまま、空挺隊員が抱えてヘリに収容しました。 次が当時14歳だった川上慶子さん。彼女を収容したのが、私の相棒だった作間2曹でした。1人目と同じように、毛布で包んで準備をしていると“事件”が起きました。救出される生存者の姿を撮影したかったのでしょうが、なんと、いつの間にか周りにいた報道陣から手が伸びてきて、毛布を剥ぎ取ったんです。「何をするんだ!」と怒りましたが、もうヘリは真上にいてワイヤが下りてきている。仕方なく、作間2曹は毛布無しで川上さんを抱えて吊り上げられました。 (略) ・マスコミにも腹が立ちました。川上さんの毛布を剥ぎ取ったこともそうですが、遺体の写真ばかり撮る輩もいて、思わず「いい加減にしろ!」と叱ったこともあります。とはいえ、14日の昼頃、ある新聞記者が持ってきた朝刊を見た時は、やっぱり嬉しかった。そこには、川上さんを抱えてヘリに向かう作間2曹の写真が1面に載っていたのです。 (略) 2020年08月12日 05時56分 https://news.nifty.com/article/domestic/society/12280-757404/ twitterの反応 報道の為なら何をしてもいいと完全に勘違いな思い上がりをしてますよね。マスコミって(´-ω-`) — たま (@tamaoz1) August 13, 2020 悲惨な事故ほどマスゴミにとっては格好のネタなんだろうね。 pic.twitter.com/QRKFHXoP57

Read more

歌舞伎町ホスト逮捕 コロナ警戒、警視庁捜査員が防護服姿で店を捜索 女性恐喝容疑

歌舞伎町ホスト逮捕 コロナ警戒、警視庁捜査員が防護服姿で店を捜索 女性恐喝容疑 新宿・歌舞伎町のホストクラブに防護服姿で家宅捜索に入る捜査員ら=13日午後、東京都新宿区(川口良介撮影) PR 女性を脅して多額の支払いを約束する念書を書かせたなどとして、警視庁が恐喝の疑いで、東京・歌舞伎町の有名ホストクラブに所属する20代の男を逮捕したことが13日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は同日、容疑を裏付けるため店を家宅捜索。新型コロナウイルスが蔓延(まんえん)する中、捜査員らは防護服などを装備して店内に入った。 捜査関係者らによると、男は今年7月、10代後半の知人女性に対し、店で飲食をしたなどとして多額の支払いを約束する念書を書くよう強要したうえ、数万円を脅し取るなどした疑いがもたれている。 男は女性に暴力をふるい負傷させた疑いで逮捕され、その後の捜査で、恐喝の疑いも浮上したという。 歌舞伎町はホストクラブなどで多数の感染者が確認されているエリア。13日は機動隊も加わり、店関係者にコロナ感染者がいる可能性を考慮し、防護服を着用するなどして家宅捜索が行われた。防護服姿の捜査員が次々に店に入っていくと、付近は物々しい雰囲気に包まれ、通行人が「何があったのか」と不安そうに様子を見守っていた。 関係者によると、男が所属する店は歌舞伎町などで複数のホストクラブを運営するグループの傘下で、40人程度のホストが所属しているという。  

Read more

岡部俊哉・元陸上幕僚長「川上慶子さんを救出するときに毛布を掛けると、マスコミが撮影のためにその毛布をはぎ取った」 日航ジャンボ機墜落事故現場

岡部俊哉・元陸上幕僚長「川上慶子さんを救出するときに毛布を掛けると、マスコミが撮影のためにその毛布をはぎ取った」 日航ジャンボ機墜落事故現場 【特別手記】「御巣鷹山」48時間の地獄絵図 日航機墜落の”地獄絵図”回顧 ▼記事によると… ・1981年に防衛大を卒業し陸上自衛官になった私は、事故のちょうど1年前に、千葉県の習志野駐屯地に所在する第1空挺団に配属されました。普通科群普通科中隊(当時)の小隊長として30名ほどの部下を率いる立場で、階級は2等陸尉。まだ独身で26歳でした。 (略) ・ヘリを待ちながら、現場ではホイスト(ヘリからのワイヤによる吊り上げ)準備をしていました。赤十字の医師から、「隊員が直接抱えて上げたほうがいい」と言われて、自衛隊の茶色い毛布で生存者の体を包みました。最初に吊り上げたのは、吉崎美紀子さん(当時8歳)です。毛布に包んだまま、空挺隊員が抱えてヘリに収容しました。 次が当時14歳だった川上慶子さん。彼女を収容したのが、私の相棒だった作間2曹でした。1人目と同じように、毛布で包んで準備をしていると“事件”が起きました。救出される生存者の姿を撮影したかったのでしょうが、なんと、いつの間にか周りにいた報道陣から手が伸びてきて、毛布を剥ぎ取ったんです。「何をするんだ!」と怒りましたが、もうヘリは真上にいてワイヤが下りてきている。仕方なく、作間2曹は毛布無しで川上さんを抱えて吊り上げられました。 (略) ・マスコミにも腹が立ちました。川上さんの毛布を剥ぎ取ったこともそうですが、遺体の写真ばかり撮る輩もいて、思わず「いい加減にしろ!」と叱ったこともあります。とはいえ、14日の昼頃、ある新聞記者が持ってきた朝刊を見た時は、やっぱり嬉しかった。そこには、川上さんを抱えてヘリに向かう作間2曹の写真が1面に載っていたのです。 (略) 2020年08月12日 05時56分 https://news.nifty.com/article/domestic/society/12280-757404/ twitterの反応 報道の為なら何をしてもいいと完全に勘違いな思い上がりをしてますよね。マスコミって(´-ω-`) — たま (@tamaoz1) August 13, 2020 悲惨な事故ほどマスゴミにとっては格好のネタなんだろうね。 pic.twitter.com/QRKFHXoP57

Read more

藤岡弘さん「靖国問題。首相の参拝に賛成の人、反対の人。それぞれの意見があることは大いに結構である。しかし、私は…」

藤岡弘さん「靖国問題。首相の参拝に賛成の人、反対の人。それぞれの意見があることは大いに結構である。しかし、私は…」 藤岡弘さんのツイート 靖国問題。首相の参拝に賛成の人、反対の人。それぞれの意見があることは大いに結構である。 しかし、私はこの国のために命を捧げ、死んでいった人の魂に手を合わせることに対し、なんらやましいことはないと思っている。 合掌、藤岡弘、 靖国問題。首相の参拝に賛成の人、反対の人。それぞれの意見があることは大いに結構である。しかし、私はこの国のために命を捧げ、死んでいった人の魂に手を合わせることに対し、なんらやましいことはないと思っている。合掌、藤岡弘、 — 藤岡弘、 侍語録 (@samuraihiroshi) August 13, 2020 twitterの反応 本当にその通りです。靖国神社を政局や外交カードに利用したり扇動する連中には反吐が出ます。 — 荒武蔵 (@htk18k_ty) August 13, 2020 アメリカもはっきり言ってます。「アメリカは今まで中国を甘やかし過ぎた。その結果がこれだ」と。周りに忖度ばかりして靖国の英霊の墓に参拝もできないなど、普通の国ではあり得ないことです。 — Fanta (@mkidfantastic)

Read more

「彼女がしたこと否定したくない」嘱託殺人、被害者の知人

「彼女がしたこと否定したくない」嘱託殺人、被害者の知人 PR ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の女性から依頼を受け、薬物を投与して殺害したとして、嘱託殺人容疑で医師2人が逮捕されてから3週間。13日、2容疑者が同罪で起訴されたことを受け、被害女性の闘病生活を見守ってきた友人(52)が改めて産経新聞の取材に応じ、複雑な胸のうちを語った。 「何事も全部、自分で決めたい人だった」。事件で死亡した林優里さん=当時(51)=について、学生時代から交流を続けてきた友人はこう振り返る。 病により身体の自由が徐々に奪われ始めても、自律した精神は変わらなかった。管を通して胃に直接栄養を送る胃瘻(いろう)を造設した後も、摂取するヨーグルトや野菜ジュースの種類を細かく指定。自宅で着るパジャマには天然素材を選んだ。 「体に触れるものや摂取するものへのこだわりは、最後まで強かった。それは『生』へのこだわりだったんじゃないか。『どうせ死ぬんだから』という思いはなく、『生』と『死』の両方への気持ちが常にあった」 だがその「こだわり」が、人生に自ら幕を下ろすという選択につながったのではないかと友人はみている。「病気に侵される身体をどうしても受け入れられず、自分の尊厳を守りたい気持ちが大きかった」。「安楽死」を望んだ女性に対する「弱い人だ」といった見方に対しても、「それは違う」と断言する。 PR    

Read more

ジャーナリスト「中国の船が尖閣諸島に近づくとその都度大騒ぎする日本だが、日本船が他国でこんな事故を現実に起こしても、ほとんど動かず知らん顔。恥ずかしい。」

ジャーナリスト「中国の船が尖閣諸島に近づくとその都度大騒ぎする日本だが、日本船が他国でこんな事故を現実に起こしても、ほとんど動かず知らん顔。恥ずかしい。」 清水潔さんのツイート 中国の船が尖閣諸島に近づくとその都度大騒ぎする日本だが、日本船が他国でこんな事故を現実に起こしても、ほとんど動かず知らん顔。 これで「国際社会」を語るのは恥ずかしい。 中国の船が尖閣諸島に近づくとその都度大騒ぎする日本だが、日本船が他国でこんな事故を現実に起こしても、ほとんど動かず知らん顔。これで「国際社会」を語るのは恥ずかしい。モーリシャス座礁「燃料の大半回収」 船主に賠償請求か https://t.co/V9lGIPFkz5 — 清水 潔 (@NOSUKE0607) August 12, 2020 twitterの反応 この場合、船主である長鋪汽船が賠償責任を負うことになりますね。恐らくですが、保険でカバーすることになると思いますが、お金で解決できない問題でもありますね。今回のケースでは商船三井に賠償責任はありませんが、道義的に対応しているようです。 — Terry Suzuki (@terrythefunk) August 13, 2020 領土侵犯と事故を比較して、日本下げされても全く説得力がありません。それなら侵犯した中国に賠償請求は? — evemarux11

Read more