WHO・テドロス事務局長、各国でのコロナ感染拡大に「原因の一部は若者の気の緩み」

WHO・テドロス事務局長、各国でのコロナ感染拡大に「原因の一部は若者の気の緩み」

コロナ感染拡大「原因の一部は若者の気の緩み」 WHO

▼記事によると…

・夏休みのシーズンを迎えたヨーロッパでは、スペインやフランスなど各地でビーチやナイトクラブに集まった若者たちの間で集団感染が報告されていて、さらなる感染の拡大に警戒が強まっている。

・WHOのテドロス事務局長は30日、スイスのジュネーブで開いた記者会見で「夏を迎えた北半球の各国で、感染が急激に広がっている原因の一部は若者たちが気を緩めたことだ」と指摘。

・そのうえで「若者は無敵ではない。感染もするし、死亡することもある。別の人に感染させるリスクもある」として、マスクの着用や人混みを避けるなど警戒を怠らないよう呼びかけた。

2020年7月31日 5時28分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200731/k10012542601000.html

twitterの反応

ネット上のコメント

緩むというか慣れてくるのかも。

ドラッグストアで働いていますが、若い方はマスクしてない人見かけません。

今回、初動対応が適切でなかったWHOにも気の緩みは無かったのでしょうか…

なんでもかんでも若者のせーにしないでください。

気が緩んでても感染しない人いるし、徹底的に予防してても感染してしまう人おるし😢人の心理を刺すより具体的な対策を要望する。

日本もそうですよね。若者の軽はずみな行動が感染を広げてますよね。

緩んでなくても感染するぞ