【韓国の反応】韓国、米国に助けを求めて駆けずり回ったが…米国「日韓の葛藤、仲裁する計画はない」

米国「同盟間に隙間ができてはならない」としながら…韓日葛藤に「仲裁する計画はない」

[日本の経済報復]

訪日したスティルウェル次官補が明らかに

ハリス大使「今は介入するときじゃない」両国が当事者同士で解決せよというメッセージ

米国務省のデビッド・スティルウェル・東アジア太平洋次官補が来日二日目の12日、NHKのインタビューで、「米国としては北東アジアで最も強固な同盟関係に隙間や亀裂が生じないようにする必要がある」と述べた。
彼は「韓国と日本が緊張関係にあるのは助けにならない」とし「両国が積極的に協力可能な分野に目を向けて障害を克服するように要請する」と述べた。
しかし「私は(韓日紛争を)仲裁(mediate)する計画はない」と線を引いた。
NHKは「現時点では、米国が仲介せず、日本と韓国が対話による解決をするように促すという姿勢を強調したもの」と解釈した。

このような中で、ハリー・ハリス駐韓米大使はこの日、自由韓国党所属のユンサンヒョン国会外交統一委員長に会って、「今は米国政府が韓日関係を仲介したり介入する意思はない」と述べたことが分かった。
ユン委員長はこの日、本紙との通話で「午前、ソウル某所でのプライベート面談で、ハリス大使が『今は米国が韓日関係に介入する時ではない』と話した」とした。
ハリス大使は「韓国と日本はどちらも成熟した(adult)国であるだけに、各自の政府と政府、議会と議会、ビジネスとビジネスのレベルで解決策を模索していかなければならない」とし「韓日当事国が問題の解決に失敗し、すべてのオプションが水の泡となり、米国の企業や安全保障に影響を及したとき、米国が役割を果たすだろう」とした。
ユン委員長はまた、「『ミルクがこぼれた後に泣いても無駄だ』という言葉を引用したが、ハリス大使は『まだ米国が介入する時ではない』と改めて強調した」と伝えた。

一方で米国を訪問中のキムヒョンジョン大統領府安保室2次長は12日(現地時間)、チャールズ・クーパーマンNSC副補佐官と面談した後、記者たちに「日本が韓・米・日の高官協議に消極的なせいで、今回スティルウェル次官補アジア歴訪中(ハイレベル協議が実現するのは)難しいようだ」と話した。
彼は「私たちは日本と対話する準備ができている」とし「私も常に準備できている」とも述べた。

このような状況に対して外交消息筋は「スティルウェル次官補、ハリス大使、キム次長などの言葉を総合すれば、私たちの政府の仲裁の要請にも関わらず、米国が日本の立場を変えるほど積極的に動かないだろう」とした。
また他の情報源は、「米国が自分たちの同盟国である韓日葛藤が大きくなるのは望ましくはないが、すぐに両側の葛藤に介入する時期ではないと判断しているようだ」とした。

一方でスティルウェル次官補は11〜14日、日本訪問に続き、来る16〜18日に韓国を訪問する予定である。
アジアの4カ国を歴訪中のスティルウェル次官補は17日、カンギョンファ外交部長官に会う。
外交消息筋は「スティルウェル次官補が強制徴用、輸出規制措置など具体的な事案に言及するより、韓・米・日3角協調体制の重要性を強調し、韓日関係回復の努力を要請するだろう」と述べた。

一部では、米国が来月1〜3日、タイのバンコクで開かれるアセアン地域安保フォーラム(ARF)で、韓・米・日の長官会談を推進するという観測も提起されていた。
しかし日本の態度を見ると、短期間での3カ国高官会談の開催は困難だろうという見方も少なくない。

引用ソース
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=023&aid=0003460510&date=20190713&type=0&rankingSeq=1&rankingSectionId=100

▼この記事をシェアする
ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)