【韓国の反応】韓国人「日本を軽く見て、国と国の法的条約でさえ紙切れのように思って、絶え間なく挑発と刺激をしながらも、韓国に対する特権や礼遇は継続してほしいのか?」

日本の経済制裁の解決策はただ一つだ

罪刑法定主義

日本の1次経済制裁リストが出てきて国が騒がしい。
韓国経済研究院が今回独自で分析し、日本の1次経済制裁が実現したときの韓国の被害についていくつかシナリオを出したが、その平均はGDP7%の減少であり、日本はGDP平均0.03%の減少であった。
韓国が対抗した場合、韓国は平均GDP 8.4%減少することになり、日本は平均1.4%減少することになる。
簡単に言えば韓国だけが殴られるということだ。

サード報復によってロッテが中国で受けた被害は2兆2000億ウォンだという。
しかしサード報復により、中国のロッテで就職していた中国人26500人が失業した。
中国のロッテの年間売上高3兆の90%の2兆7000億ウォンが中国産の製品だったから、ロッテは確かに被害を受けたが、むしろ中国人が失業して、中国産の物品が売れなくなって、中国はロッテ以上に血を流すことになった。
どっちも負けたのだ。

ところが、今回の日本の1次制裁はシナリオが全く違う。
GDPの7%の減少なら120兆ウォンの被害であり、被害は完全に韓国だけが受けることになる。
日本は被害がほとんどない。
中国のサード報復に比べると、被害額も50倍を超えていて、ひたすら韓国だけが緻密に打撃を受けることになるのだ。
しかもここで2次制裁は計算に入れていない。
120兆ウォンがどんな金額かというと、韓国の年間輸出額のほぼ1/5に相当する額である。

事態がこの状況に至ったというのに、政治家は日本製品不買運動やら義兵やらを云々言っていて、ムンジェインは「韓国企業が被害を受けたら対抗する」云々言っている。
韓国がどれだけ被害を受けるのか、すでにシミュレーションによって分かっていて、対抗するのは不可能だとことを知っていながら、リップサービスをして国民をバカにしているのだ。
吠える犬は怖くない。
勇気とは、恐怖がない状態ではなく、恐怖を感じながらも行動する状態だとゲーテが言った。
自分たちがばら撒いた反日感情を守るために事実を隠蔽せず、今からでも反日情緒と恐怖を克服し、唯一の解決策へと進まなければならない。

今するべき行動はただ一つだけだ。
世論を形成して行動してこそ、この事態を解決することができる。
日本の断固たる態度を見ていたら、歴史の方向は最終的にそちらへと向かうだろうと思う。
日本が韓日協定に基づいて今回要求していた仲裁委員会の設置を韓国が受け入れて、徴用工の問題は第3国の委員の決定に従うという方法しかない。
つまり国際法的な解決をすることである。
もう韓半島という井戸の中でいじめられていた時代は終わった。
韓国人も世界秩序の中で自分の主張を展開し、国際規範の中で必要なものを得なければならない。
もう感情論で動く民族主義のバカになってはならない。

罪刑法定主義

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?id=157936&cpage=1&no=137843

▼この記事をシェアする
ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)