【韓国の反応】「韓国語ができない」韓国人の夫、ベトナム人の妻を殴る蹴るの暴行→映像が出回る→緊急逮捕

「韓国語が下手だからって」…ベトナムのネチズン「激怒」

現地メディア、写真・映像とともに先を争って報道…厳罰を求める

(ハノイ=連合ニュース)ミンヨンギュ特派員

韓国で、韓国語が下手だという理由でベトナム出身の妻を無差別暴行した男が7日に逮捕されたというニュースが伝えられると、ベトナムのネチズンたちの怒りの水位が高まり始めた。

現地メディアが先を争って関連写真や映像と一緒に送り出したニュースを見て激怒したのだ。

あるネチズンは、「言葉の壁が結婚生活の障害になるなんて!」と怒りを表出しており、他のネチズンは「韓国男性がベトナム女性を無視するので家庭内暴力が頻繁に起きている」と批判した。

より良い生活を夢見て韓国人男性と結婚したはずなのにそんな残酷な夫だなんて誰が知っていたのかといいながら被害者を慰める人もいた。

被害者が無差別暴行されても恐怖に震える子供を抱いて慰める姿に涙が出たというコメントも上がってきた。

被害女性に、すぐに離婚してベトナムに戻ってこいというコメントも殺到している。

あるメディアの読者は「家族と離れて結婚したが、そのようなことが起きるなんてとても心が痛い」とし「ベトナムで不完全な生活をするほうが、そんな悪魔のような人と過ごすよりも心は快適」というコメントを載せた。

韓国駐在ベトナム大使館を通じて韓国政府に加害者の厳罰を要求しなければならないという声も高かった。

一方、全羅南道霊岩警察署は、特殊傷害と児童福祉法違反の疑いでA(36)氏を緊急逮捕したと7日、明らかにした。

A氏は4日午後、9時から3時間にわたり、全羅南道霊岩郡の自分の家で、韓国語が下手だという理由で、ベトナム出身の妻B(30)さんを拳や足や焼酎のボトルで暴行した疑いを受けている。
Bさんは肋骨などを骨折して全治4週間以上の診断を受けたことが分かった。

暴行現場には二歳の息子がいた。

引用ソース
https://news.v.daum.net/v/20190707211502586

▼この記事をシェアする
ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)